映画「1917~命をかけた伝令~」はサムメンデス版オトナ帝国の逆襲(ネタバレありとなしの感想&考察)

ヒューマン
ヒューマン 映画
この記事は約6分で読めます。

第一次世界大戦下、伝令を任された若き兵士の物語。

全編ワンカット!

アカデミー賞撮影賞を受賞した、映画「1917~命をかけた伝令~」を感想&考察します!

※第二部以降ネタバレ含みますが、内容を知っていても十二分に楽しめる作品なので、未鑑賞の方も是非ご一読ください。

第一部(ネタバレなし)

長回し映画の成功作

f:id:typasent:20200217175708j:image

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

本作の最大の特徴は、なんといっても全編ワンカット!

(実際は合間にカットが割られており、それをワンカットに見えるよう編集しているとのこと。)

長回し作品は数多くあれど、まあ大方は「うーん……」な出来だったンですが、本作はカメラの動きを緻密に計算することにより、飽きさせない画作りと演出を生み出しています。

そして、ワンカットであることとテーマ性が結びついてるのも成功要因と思いマス。

本作のテーマは「事実を伝える」こと。

戦場のとある出来事を淡々と描くことが目的。メンデス監督曰く、この「事実の再現」に最も適した手法がワンカットだったそう。

大方の戦争映画は「空撮」を多用しますが、本作は兵士目線で貫かれるためそれがない。

そのため、我々観客はまるで主人公と一緒に伝令を届けに行ってるかのような錯覚に陥るンです。

そして、ストーリーを「伝令を届ける」というシンプルなものにすることで、死体の転がる悲惨な戦場、殺風景な焼け野原といった当時のリアルな光景をじっくり見せていきます。

この「じっくり見せる」ことこそ、ワンカットの醍醐味。

これにより、戦争を経験していない我々が「リアルな戦争体験」を味わうことに成功しています。

圧倒的没入感を堪能できる、ドルビーサラウンド&IMAXでの鑑賞が鬼おすすめです!

こだわりの画作り

ワンカット作品はたいてい画作りが雑になりがち。

そしてカメラのブレが入ることで観客が酔ってしまうことも多いですよね……。

しかし!「1917」は全てのシーンに隙がない。

さすが、007スカイフォールでシンメトリー(左右対称)の構図にこだわりぬいたメンデス監督!

花吹雪の舞う川に浮かぶ兵士。宵闇のなか仄かに灯る焚き火。淀んだ空で飛び交う戦闘機。これらが練られた画作りでスクリーンに映し出されます。

第二部(ネタバレあり)

生死の循環としてのミルク

f:id:typasent:20200217180211j:image

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

序盤。ウィリアム(ジョージ・マッケイ)は無法地帯である平原のなかで1頭の牛を見つけます。

近づくと、そこにはバケツいっぱいのミルク。

泥だらけの両手ですくい、何度も口に運ぶウィリアム。

彼はミルクを水筒に入れます。

中盤。遭遇した大尉らとともに、ウィリアムはトラックの荷台に乗り、平原を移動します。彼の目の前には、何十頭もの牛の死体。彼はそれをじっと眺めます。

終盤。宵闇のなか、ドイツ兵に追われるウィリアムは地下室へ逃げます。

そこには、女性と赤ん坊の姿。

おびえる女性に対し、味方であることを伝えるウィリアム。

ウィリアムは赤ん坊に、水筒に入ったミルクを渡します。

喜ぶ赤ん坊の姿。微笑む女性。

死を迎えた、迎えるであろう牛の「命の一部」で、赤ん坊、つまり「新たな生命」が救われる。

戦地に赴く兵士たちのモチベーションとして、「国を守るため」以上に「大切なひとを守るため」が大きかったはず。自分の子どもを苦しませないように、次の世代を救うために、自分たちは戦う。

自分の死が、次に生きる人々に貢献するはずと信じていたはず。

序盤で、ウィリアムはトム(ディーン=チャールズ・チャップマン)に救われます。

その後、トムは死に、ウィリアムに兄への伝言を託します。

そしてラスト。ウィリアムはトムの兄に対し、トムに命を救われたことを告げるのです。

オトナ帝国の逆襲

※以下、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!モーレツ!オトナ帝国の逆襲」のネタバレを含みます。

伝令の内容は「イギリス軍の攻撃中止」。

ドイツ軍撤退は罠であり、このままイギリス軍が突撃すれば壊滅的な被害を被る。

伝令を任された若き兵士のウィリアムとトムは、目的地を目指して無法地帯へ飛び込みます。

しかし中盤。トムは助けた敵兵に腹部を刺されます。

トムは目的地にいる自身の兄への伝言をウィリアムに託し死亡。

その後、ウィリアムはようやく目的地に到着。

しかし既に攻撃は開始寸前。ウィリアムは「大佐はどこだ!」と叫びながら走ります。

その途中で攻撃が開始。鳴り響く砲撃音。敵地へ走る兵士たち。

ウィリアムは危険を顧みることなく、戦地のなかを駆け抜けます。

それまでウィリアムとともにいたカメラが、彼の姿を正面から映し出します。

f:id:typasent:20200217180215j:image

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

転ぶウィリアム。遠のくカメラ。立ち上がりまた走り出すウィリアム。

彼の背後で巻き上がる白煙。激しい爆発。構わず彼は駆け抜ける。

このシークエンス、真っ先に浮かんだのは、クレしん映画の名作「オトナ帝国の逆襲」。

21世紀を取り戻すため、塔を駆け登るしんのすけ。その背後で、次々と家族が倒れていく。振り返るしんのすけ。みさえは彼に「止まらないで!早く行って!」と叫びます。

しんのすけは転び、鼻血を流し、ボロボロになりながら塔の頂上を目指す。それをカメラがワンカットで追う。

f:id:typasent:20200217180040j:image

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 

「21世紀を取り戻す」ために走るしんのすけと、

「トムの兄を死なせない」ために走るウィリアム。

ウィリアムにとってのみさえは、友人であるトム。

彼が駆け抜ける後ろで、死んだトムが「止まらないで!早く行って!」と声をかける様子が浮かびます。

二人の姿を追うカメラは、観客である我々が「こっちへ来て!がんばって!」と彼らに訴えかける心理と重なります。

淡々とした「戦場でのひとコマ」

f:id:typasent:20200217180117j:image

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

本作が心揺さぶられる点のひとつは「友人の兄のため走るウィリアム」ですが、ではそれ以外はどうか?といえば、非常に淡々と、ドライに「戦場の日常」が展開されます。

たとえば、中盤、トムとウィリアムが、墜落した戦闘機から敵兵士を救う場面があります。

しかし、助けたにも関わらず、敵兵士はトムをナイフで殺傷。

この展開、王道の戦争映画なら『何故人は傷つき、傷つけ合うのだろう?』みたいな流れになりそうなンですが、その件は深掘りされずに物語は進行します。

ウィリアムは「戦争」そのものを否定したり、反戦を掲げ戦うことはしません。

あくまで兵士の一員として、伝令を届けに行くだけ。そしてそれはこの時代のいつでもどこにでもあった、日常のひとコマ。

冒頭。大木に凭れたウィリアムで物語は始まります。

そして最後は、彼が大木に凭れて目を閉じる場面で終幕します。

この行動で戦争が終わるわけではない。

これからも続いていくし、同じことがまた起きるかもしれない。

ドライかつリアルな着地にすることで、我々観客に戦争の諸行無常感、「戦争に感動もクソもない」ことを訴えかけてきます。

というわけで、以上、映画「1917~命をかけた伝令~」レビューでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました