【パワハラ対策にもおすすめ】ペン型ボイスレコーダーの魅力

日常
日常
この記事は約2分で読めます。

今回の記事は、

  • パワハラやイジメに悩んでいる。
  • 事件に巻き込まれた時の証拠がほしい。

方におすすめです!

先日、ペン型ボイスレコーダーを購入しました。

f:id:typasent:20200201164418j:image

値段は2,980円。電源ON状態だと17時間もち、連続録音時間は7時間。

ペンの中心をひねって開けると、電源をつける箇所。

f:id:typasent:20200201164431j:image

ペンの上を押すと録音開始。もう一度押すと録音停止。

ペンにイヤフォンのコードを差し込めば、すぐに聞くことができます。

f:id:typasent:20200201164452j:image

このペン型ボイスレコーダーパワハラに悩む方にとっては確たる証拠を掴めるのはもとより、今、パワハラを受けていない方にも鬼おすすめなんです。

というのも、私は社会人1年目の時、上司からの威圧的な言動・態度におびえ、反論することができませんでした。しかし、ペン型ボイスレコーダーを胸ポッケに常備しておき、いつでも録音できる状態にすれば、その後第三者や人事に聞かせて「どちらが間違っているか」の証拠として提示することができる。この安心感があれば、堂々と意見を言えたンではないか……と思うのです。

特に1年目は立場も弱ければ知識も経験も浅いので、こうした被害を受けがち……。

なのでこれから社会人になる方にも是非おすすめしたい商品です!

そして、パワハラ以外にも使えます。

例えば、通勤途中に絡まれたり、カツアゲされたり……といった時、コレがあれば確たる証拠を掴めます。あるいは仕事で交渉をした時、言った言わないの水掛け論になることを防げます。

こうした不慮の事態以外にも、活用できるシーンは多いデス。

たとえば、学校や塾の授業や、教師へ質問する時。就活生でいえば、受けた面接を録音しておいて、後で聞き返して分析することもできます。携帯電話で録音すると、ポッケに入れてるので音がくぐもって聞こえるし、何より録音するためには画面を開いて~アプリを起動させて~っていう手間があるンでいざって時に使えないンですよね(汗)

その点、ペン型ボイスレコーダーなら操作も感嘆だし、胸ポッケに入れたり、メモるフリして使えばクリアに録音することができます。

デメリットを上げるとすれば、「電源ON時間の短さ」ですかね……。17時間だと1日中ONにしといたらすぐ充電なくなります……。まあ毎日充電しとけば解決する話なンですが、個人的には1週間つけっぱでも良いくらいの充電力が欲しかったナーと……。

しかしこのデメリットはささいなこと!

一利あって百害なし!のペン型ボイスレコーダー、是非お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました