映画「マリッジストーリー」感想&考察(ネタバレあり)

ヒューマン
ヒューマン 映画
この記事は約5分で読めます。

演出家と女優、離婚。

すれ違い、裁判、親権──壊れた関係から離婚に至るまでの過程を静かに描いた、Netflixオリジナル映画「マリッジストーリー」をご紹介します!

※本記事はラスト含めネタバレしますが、内容を知っていても十二分に楽しめる作品なので、未鑑賞の方も是非ご一読ください。

ありのままの「離婚」

離婚がテーマの物語と聞くと、子どもの奪い合いで泥沼化、だったり、不倫問題や財産分割で争いが激化する、という昼ドラチックな印象。

事実、そうした内容もあるンですが、あくまで演出はドライで、登場人物も日常的な、ありのままの姿で話が進みます。

そのため、仲違いしている夫婦の住む家の壁穴から、我々観客が覗いているよう。

この「ありのままの夫婦」として登場するのが、妻ニコール(スカーレット・ヨハンソン)と夫チャーリー(アダム・ドライヴァー)。

ニコールは女優で、チャーリーは演出家。仕事仲間のふたりが出会い、付き合い始め、結婚。息子のヘンリーが誕生します。

冒頭は、互いが互いを紹介し合う場面からスタート。

双方とも良い両親といった印象を受けます。互いに尊敬の念を抱いていることから、「離婚しなくていいのでは」という印象。しかし中盤以降、二人の関係が崩壊した要因が判明します。

きっかけは「不倫」

f:id:typasent:20191220181138j:image

少しずつのすれ違いの果て、離婚問題へ。

中盤、その要因がチャーリーの不倫にあることをニコールは告げます。しかもチャーリーのメールをハッキングしたことで発覚。恐ろしや……。

「それ犯罪だぞ」

チャーリーは激昂。ニコールはあくまでチャーリーに非があるという主張を覆そうとしません。

正直、「要因が不倫」という流れが、個人的には残念でした。

「ありのまま」という本作の雰囲気に合わせるのであれば、不倫という離婚系作品の王道展開ではなく、徐々に起きたすれ違いの結果、徐々にほころびが生じて離婚……という流れがしっくりくるように思いました。

喚くニコールに疲弊。しかし……

f:id:typasent:20191220181219j:image

中盤以降、ニコールが泣くわ喚くわを繰り返します。

対してチャーリーは冷静で、落ち着いた態度でニコールと向き合います。

しかしそれを度外視してニコールは激昂。果ては「弁護士をお互いつけない」という約束を破って女性弁護士を雇い、親権争いが勃発し、泥沼化。公演予定の舞台で忙しいチャーリーは、離婚騒動に疲弊しつつ仕事をこなしていきます。

男の私としては、金切り声で喚くニコールに対して呆れ気味だったというか……「冷静に話そうよ、小学生の喧嘩じゃあるまいし」なんて思ったり。いよいよ堪忍袋の緒が切れたチャーリーはニコールを叱責したり壁パンチするンですが、「そりゃそうなるべ」とチャーリーに同情的でした。

しかしですね、その後、合間に挟まれるニコールの日常や、子どもとのやり取りを見ると、「子どものことを第一に考えてるんだな」とか「正直な性格だからこそ、感情が爆発してしまうンだろうな」と思ったり。

私自身、感情で喚く女性って苦手で…。でも、彼女たちも必死だし、そこだけ切り取って人柄を判断するのも良くないのかな……という感情を持ちました。

というのも、物腰柔らかなチャーリーが逆にドライで自分勝手なことが、後半明らかになるンですよね。「外に出たくない」と渋るヘンリーを無理矢理ハロウィンイベントに参加させたり。ヘンリーも段々ニコール側につき始めて、「お母さんといたい」なんで言い始める。そこへチャーリーがやって来て引き剥がす。

外面だけではその人の中身を判断出来ないもんだな……と思いながら彼らを眺めていました。

挟まれるギャグ

f:id:typasent:20191220181259j:image

ヘビーな展開もありながら、終始温和な空気が流れるのは、合間に登場するギャグシーンのためでしょう。

一番好きなのは、チャーリーが駐車場へ車を入れるシーン。

機械から駐車券を取ろうとするも、機械との車間距離が遠すぎて取れない。腕を思い切り伸ばすも、券に触れることすらできず。その間、「駐車券をお取りください」というお馴染みのアナウンスが流れる。

運転する人間なら誰もが経験する一コマ。

あるある的ギャグにほっこりさせられる。

離婚問題を描いた映画といえば、アカデミー賞を受賞した名作「クレイマー、クレイマー」がありますが、ひたすら重苦しかったそれとは異なり、マリッジストーリーはギャグの効果ゆえか軽快に進みます。

夫婦の形は壊れても

f:id:typasent:20191220181318j:image

結果的に離婚は覆ることなく、裁判の末成立。

二人は「他人」へ戻ります。

奇妙なのが、これだけ憎み合っていながら、チャーリーはニコールに散髪して貰ったり、意味深に見つめ合うんですよね。ニコールを悪く言う人に対してチャーリーが「彼女はそんな人じゃない」とキレたり。

受け入れ難い面はありつつ、互いを尊重している──

人としてもそうですが、女優として、演出家として、互いを認め合っているからこそ、どんなほころびが生じても真の意味で関係が崩壊することはないのでしょう。

ラスト。ニコールは眠るヘンリーをチャーリーの肩にゆっくりと乗せます。

ヘンリーを抱きかかえるチャーリー。そのまま車へ行こうとした時、「待って」とニコール。「靴紐がほどけてる」ニコールはチャーリーの足元へ駆け寄り、靴紐を結び直します。「ありがとう」とチャーリー。戸惑った顔の二人は、そのまま離れ去っていきます。

真っ直ぐ続く道路を、逆方向に歩く二人。

流れるエンドクレジットが、二人を引き離し、映画は幕を閉じます。

あくまで「ありのまま」の空気を貫く、不思議な後味の残る日常的離婚劇場「マリッジストーリー」、是非、ご鑑賞くださいませ。

※画像出典:Netflix「マリッジストーリー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました