口下手な私がツイキャスライブに初挑戦した話

日常
日常
この記事は約2分で読めます。

f:id:typasent:20191025121954p:image

 

どうもです。

先週、ツイキャスライブで4時間ほど喋らせていただきました。

内容は好きな映画や音楽の話。時折、リスナーからリクエストがあった曲を流したり。心優しいリスナーの方々のおかげで充実した時間を過ごせました。

 

終わった後実感したのは、一人喋りは難しい!(汗)

 

目の前に誰かがいる状態で話すと、相手の反応を見ながら話せるので、「自分の話が面白いか、つまらないか」の判断が出来るのですが、配信の場合、相手の反応が見えない状態で話すので、徐々に「話してる内容、面白いかなあ」と不安になってくるんですよネ(笑)

ツイキャスの場合、リスナーのコメントも流れてくるんですが、「気を遣って書いてくれてるのでは……」とか思ってしまって申し訳ない気持ちになったり(笑)

 

「自分ひとりでひたすら話す」ってことの難しさを知りました。

最初のうちは台本つくって話して、慣れてきたらアドリブ喋りに挑戦してみようと思いマス。

 

ブログもそうですが、場数を踏むごとに向上していくものだと思うンで、これからも配信分野に挑戦していければと思っております。

あとはYoutuberやラジオを聞いて、語りの研究をしようと思います。テンポ感や言葉選び、ひとつひとつの話の尺、といったテクニックやスキルを学んでいく予定です。

 

今後も不定期にツイキャスなり配信する予定ですので、お時間よろしければ是非、ご参加くださいませ。配信する際はツイッター(@typasent)で告知します。

 

以上、口下手な私がツイキャスライブに初挑戦した話でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました