言われたら腹立つ言葉ベスト3

日常
日常
この記事は約2分で読めます。

f:id:typasent:20191023180346p:image

 

職場にて。学校にて。家庭にて。

相手から言われたら思わずキレてしまう言葉たち。そのなかでも特段私が「言われたら必ずイラっとくる」言葉を3つ、ご紹介。

 

 

1位 「わかる?」

 

わかるわボケ!

と、返してしまいたくなる。相手の知能レベルを低く見積っている発言。この台詞に反論したら、「本当にわかっているかどうか聞いてるだけだろう」とくるからタチが悪い。わかってなかったらこっちから聞くわい!

 

2位 「生きてる?」

 

生きてるに決まってるやろが!

死んでると思ったんか?死んでる人間が息してここおるんか?俺はなんや、ゾンビか?

「おとなしいから死んでるかと思った」とくる。おとなしかったら生きてないのか?うるさい人間しか生きれない世界なのか?と、返してしまいたくなるが、おとなしいタイプの人たち(私含む)は反論も出来ず愛想笑いするよりほかない。甚だ不愉快な言葉である。

 

3位 「もういい?」

 

相手から突然シャットダウンをくらう。目の前でシャッターが勢いよく下ろされた気分。気持ちよく話していたのに、この一言で一気に悲しみが押し寄せ、怒りに代わる。

こうした言葉を吐く輩はたいてい、自己中心的な性格の持ち主。自分の話を長ったらしく話すわりに、相手の話が長いと遮ろうとする。彼らはたいてい、口角が斜めに歪んでいる。両眉毛を上下に動かし話し始める。

だったらキサマの話も遮ってやろうか!と思うワケだが、遮ると烈火のごとく怒りダシ、甚だタチが悪い。

こうした方とは極力関わらないようにし、関わる場合は愛想笑いで「話つまんないですよ~」アピールをするようにしている。

 

 

以上、私の偏見交えた嫌いな言葉ベスト3でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました