映画「ミッション8ミニッツ」 感想&考察(ネタバレあり) 難解なラストの意味とは?

サスペンス
サスペンス 映画
この記事は約5分で読めます。

f:id:typasent:20191007123109j:image

映画.comより。見つめ合う主人公とヒロイン。

 

同じ8分間を繰り返し、犯人を見つけ出す。

 

なんてワクワクする設定なんでしょうか(笑)

今回はタイムリープモノの傑作「ミッション8ミニッツ」を紹介します!

 

※第二部以降はラスト含めネタバレしていきます。未鑑賞の方は第一部を読んだ後、鑑賞後、第二部を読むことをおすすめします。

 

第一部(ネタバレなし)

 

アイデア勝負のダンカン・ジョーンズ監督 2作目

 

 

あらすじ

シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。犯人捜索のため政府が遂行する極秘ミッションに、米軍エリートのスティーブンスが選ばれる。事故犠牲者の事件発生8分前の意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという作戦で、必ず8分後には爆破が起こり元の自分に戻るスティーブンスは、何度も「死」を体験するうちに次第に作戦への疑惑を抱きはじめる。(ミッション:8ミニッツ : 作品情報 – 映画.comより引用)

 

とっても奇抜でキャッチーなあらすじ。

本作の脚本・監督を担当したのは、ダンカン・ジョーンズ

彼の前作でありデビュー作である「月に囚われた男」も、かなり変わったSF作品でした。

 

ひとりぼっちで月に残されてしまった男が孤軍奮闘する物語……というのがあらすじなんですが、終盤、ある衝撃の事実が判明し、とんでもない展開になっていくんです(汗)

 

本作は興行的にも批評的にも大成功。

期待の新人監督として注目されてから製作された二作目がこの「ミッション8ミニッツ」です。

 

タイムリープ映画あるあるてんこ盛り!

 

本作は「タイムリープ」と呼ばれるジャンルの作品です。

タイムリープとは、同じ時間or日を主人公が繰り返す……というもの。邦画でいえば「時をかける少女」。洋画でいえば「恋はデジャブ」が代表的。

 

本作はそのタイムリープ系作品のあるあるをきっちり押さえた映画になっています。

 

例えば、

 

あるある①:好きな人が出来るが毎回リセット

 

これは「恋はデジャブ」以降よく使われる展開ですね。

ミッション8ミニッツでは主人公スティーブンスの横に同席していた女性クリスティーナに恋心を抱き始め、「なんとしても爆破を止めて、彼女を救いたい」という気持ちを強めていきます。

しかし、毎回8分でリセット!されるので、関係は毎度やり直し。果たして二人の関係はどう展開していくか……?というのがタイムリープ定番展開でございます。ごちそうさまです。

 

あるある②:展開を記憶して戦略を立てる

 

これは、トムクルーズ主演映画「オールユーニードイズキル」でも使われた展開。

同じ時間を繰り返すので、「次にどんな展開が起きるか?」を主人公は把握しているわけです。その「同じ展開」を記憶し、利用し、戦略を立て、ゴールを目指していきます。この辺りはRPGゲームのような面白さ。

 

難解なラストを紐解きたくなる

 

詳細は第二部で書いていきますが、

本作はSF好きなら堪らない、難解なパズル展開が終盤に待ち受けています。

鑑賞してすぐは「……どゆこと?」となるンですが、何回も見直したり、映画雑誌の考察を読んだりして、「なるへそ~!」とわかってきます(笑)

 

では、この難解展開についてを考察していきましょう!

 

第二部(ネタバレあり)

 

※以下、ネタバレ含みます!

 

並行世界の誕生

 

f:id:typasent:20191007123403j:image

映画.comより。爆弾を見つける主人公。

 

中盤、クリスティーナや乗客たちへ情や愛着が生まれるスティーブンス。

しかし、これはあくまでシステムの世界。ここで爆破を止め、犯人を見つけたとしても、彼らが現実世界で生き返ることはありません。

その葛藤を抱えながら、スティーブンスは任務遂行に奔走します。

 

その後、無事犯人を見つけ出し、任務成功。

現実世界で予告されていた第二のテロも未然に防ぐことが出来ました。

 

それに味をしめた上層部は、スティーブンスを生かし続けて他の任務たちを押し付けようとします。しかし、安楽死を望むスティーブンスの意思を察した上層部側のひとり・グッドウィン大尉は指示に背き生命維持装置を停止。

ティーブンス大尉は「安楽死と同時に、再度爆破8分前の世界へ転送してほしい」と望み、グッドウィン大尉はその願いを叶えてあげるのでした。

 

8分前に戻ったスティーブンス大尉。

仲違いしていた父に電話したり、クリスティーナに告白したり、悔いのない8分間を送ります。そして、いよいよ8分が終わり、爆破……はされず、8分後も世界は続いたのです。

 

パラレルワールド=並行世界が誕生したわけです。

現実世界では死亡したものの、並行世界で生きる場所を見つけたスティーブンス大尉。映画は「ハッピーエンド」で幕を閉じるのでした……

 

イイハナシだな~(ほっこり)

だ、だけど……なんで並行世界が誕生したんだ???

 

意識のなかの世界

 

いろんな考察記事があるので、何が正解とかではないンですが、

私が考えるに、この並行世界はティーブンスの精神世界なのかなと。

 

つまり、「身体は死んでいるけど意識だけはある」状態。身体の存在しない植物人間のようなイメージ。なのでこの並行世界は「彼が望んだ世界」であり、「彼のために作られた世界」だというのが私の解釈です。

 

だからこそ、父親に電話してもすぐにつながったし、クリスティーナへの告白もすんなり成功したのかなーと。彼が望んでいる反応や答えを周りは提示し続ける世界=彼が望んだ世界、ってことかなと。

 

総論:深読みタイムリープの決定版

 

以前、深読みタイムリープの傑作として「うる星やつら2 ビューティフルドリーマーを紹介しましたが、*1それと並ぶ傑作映画でございます。

 

ダンカンジョーンズ監督、ごちそうさまです!

 

 

以上、ミッション8ミニッツ感想&考察でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました