ホラー映画あるあるまとめ 「チャラ男は生き残らない宿命」

ホラー
ホラー 映画
この記事は約3分で読めます。

f:id:typasent:20191014222454j:image

 

この展開何度も観たわ~

でも、待ち望んでいる自分もいる。

その展開がなけりゃホラー映画じゃねえ!

 

というアンビバレントな気持ちをもつホラー映画ヲタクは多いのでは。

 

そこで今回はみんな大好き「ホラー映画あるある」をまとめてみました!

 

童貞と処女が主人公

 

主要キャラが5人ぐらい出てきて、

いけすかないモテ男、金持ちなオンナ、毎日大乱交スマッシュブラザーズしてるようなオンナ……ってメンバーのなかに、真面目系男子(おそらく童貞)と、純粋な目をした女性がいる。

 

この構成の場合、十中八九、童貞か純粋女子が主人公。

二人は必ず生き残ります(断定)

 

タブーを破ることで殺戮スタート

 

「これをやると恐ろしいことがあるからやらないでね~」

って、怪しげなオッサンorオバサンが若者に伝えるんですが、ノータリンなチャラメンツがそれを破り、殺戮開始。

 

チャラ男とリーダーは真っ先に死ぬ

 

製作陣はリア充に何か恨みがあるんですかね(笑)

チャラ男はだいたいチャラ女とイチャコラしてる最中orした後に殺されます。

 

その次に真っ先に死ぬ確立が高いのが、リーダータイプのキャラ。

彼は童貞主人公に指図ばっかするんですよね(笑)「あー、どうしようもねえな」って馬鹿にする。童貞クンもムカつきつつも、口も上手くなければ周りの信頼もないので黙って従うしかない……。

こういうリーダーはたいてい中盤で「様子を見てくる」って言って殺されます。

 

童貞クンは統率者がいなくなったことで、自分が統率せざるを得なくなります。

 

音がする。振り返ると猫

 

ガタ……ゴト……

暗い廊下の億から物音がする。

恐る恐る振り返ると……なんだ猫か~(笑)みたいな。

 

金田一少年の事件簿で見かけることが多い気がします。定番展開。

 

スローペースの殺人鬼

 

もし私が殺人鬼の立場なら、

メンバーが一同に会したタイミングを見計らって殺戮!逃げ出したメンツは走って追いかけて殺戮!すると思うンですが、

ホラー映画の殺人鬼はたいてい、ノソ……ノソ……と動きます。で、気が付いたら後ろにいます。スゲエ。瞬間移動。

 

無能な警察

 

電話が繋がらない、車のエンジンもかからない……

逃げ出せない!警察へも行けない!

 

というシチュエーションが昔の定番でした。

しかし、2000年代以降は警察に行けるケースが多くなりました。

ですがこの警察がとにかく無能。信用しないわ、来るのは遅いわ、すぐ殺されるわ……ロス市警ってホントダメっすね!!!

 

子どもは死なない

 

映画「IT」でこの法則が破られましたが、

その他のホラー映画ではほぼ100%の確率で子どもは死なないです。

 

これは倫理的な問題なのかな。

同様に妊婦さんも死なない確立が高いです。

 

扉が開かない

 

今まで開いてたのに……

こんな時に限って……

 

テレビで観ると音量調整に困る

 

ネトフリとかで観ると音量がサラウンドなので、

人物のボソボソ声からいきなりバーン!って効果音出たりするからうるさいんですよね(笑)

音量上げたり下げたりする必要があるのでメンド臭いです……って映画館で観ろやって話ですね(笑)

 

白骨遺体でビックリ

 

クローゼットを開けると白骨遺体がゴロゴロ~!と登場。

暗い地下室に行くと、足元には大量の白骨遺体。

浜辺に打ち上げられた白骨遺体……あの巨大サメの仕業だ……

 

やがて結ばれる童貞クンと少女

 

終盤。生き残った童貞クンと純粋女子。

童貞クンは身を削って女性を守り抜きます。

結果、殺人鬼を撃退。二人は結ばれるのでした。ヤッタネ!

 

 

以上、ホラー映画あるあるでした!

 

 

ホラー映画あるある好きはこちらも是非↓

 

エイリアンあるある早く言いたい方向けムービーです↓

 

こちらは死を予知してしまう主人公が友人の死を回避しようと奮闘するスプラッターサスペンス映画です↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました